活用用途が広がる原料|大量生産でも安心の価格|プラスチック成形を依頼しよう!

大量生産でも安心の価格|プラスチック成形を依頼しよう!

活用用途が広がる原料

シリコン

工夫による進化

何か新しい技術が開発されるのと同時に、現代ではその技術に活用される原料にも様々な種類が発見・開発される様になっています。その中で今後、活用が更に広がると見られている原料の1つがシリコーンゴムだと言われています。シリコーン樹脂から作られたゴム状の物体であるシリコーンゴム自体は、従来からその特徴的な弾力性と耐水・耐薬品性で、様々な製品に活用する機会が多い原料だと言われていました。その一方で弱点として、温度に対する耐久性に難がある点も知られていました。従来ではセ氏300度を超える高温では分解が、同マイナス50度を下回る低温では弾力性の喪失が進むとされていました。それが近年になって研究開発が進み、温度に対する耐久性にも優れたシリコーンゴムが開発される様になっています。更に弾力性や通電性にも優れるシリコーンゴムが開発された結果、今まででは使えなかった用途にも活用の幅が広がる利点に繋がっています。

期待される技術との相性

こうした新しく開発されたシリコーンゴムの活用用途は、今後も拡大が進むと見られている技術との相性が良い事から、注目される原料と言われる所以になっています。代表的な用途の1例として、宇宙に関する分野が挙げられます。宇宙機器の部品には様々な温度状況や振動・衝撃に耐える原料が不可欠となっています。近年開発されたシリコーンゴムはセ氏1000度でも耐え得ると言われており、大気圏突入の際に生じる同300度台と推定される状況にも耐える計算となります。そして持ち前の弾力性が、衝撃を吸収する役割を担えるとされます。また近年開発された3Dプリント技術では、シリコーンゴムの加工ができる様になったとされます。従来は弾力性がある原料には、プリントでの素材固めが上手く行かない問題点が挙げられていました。新しい技術ではその問題が改善された事で、プリントによるゴム製品を医療用などに活用する事が可能になったとされます。この様にシリコーンゴムの活用可能範囲が増えた事で、ゴム自体の需要も増える事が期待されています。