アルミニウム鋳造の技術|大量生産でも安心の価格|プラスチック成形を依頼しよう!

大量生産でも安心の価格|プラスチック成形を依頼しよう!

アルミニウム鋳造の技術

アルミ

鋳造の製法による違い

自動車などの機械部品や各種パーツでもおなじみのアルミニウムは、身近な生活用品やさまざまな金具にも数多く使われています。アルミニウムは金属の中でも軽量で加工しやすく、熱や温度の伝導性に優れている点が大きな特徴です。非磁性のために電子部品としても多く採用されており、リサイクルしやすいことでもアルミニウムの利点が指摘できます。アルミニウムも鉄などと同じく鋳造によっていろいろな形状に加工されますが、その鋳造法にはいくつかの種類があります。最も歴史が古い鋳造法は砂型と呼ばれており、文字通り砂を鋳造の型に利用する方法です。砂をアルミ鋳物の型に使うことで成形が容易になり、使用後の砂を再利用できることからコスト面でも有利となります。大型のアルミ鋳物を製造することも可能な砂型の鋳造方式は、現在でも安価な方法として根強い人気を集めています。これに対して鋳鉄や耐熱合金を型に使う金型鋳造法では、砂型よりも精度の高いアルミ鋳物を作ることができます。製品強度の高い点も大きな特徴で、長期間にわたる安定した製造に向いた方式です。ダイカスト方式は溶かしたアルミを金型に圧入することにより、最も高い寸法精度が期待できます。

目的に応じた鋳造法を

鋳造メーカーにアルミ鋳物を注文する際には、以上のような鋳造法の違いを頭に入れておくといいでしょう。目的に応じた鋳造法を選ぶことで、予算と結果のバランスが取れたアルミ鋳物を得ることができます。さまざまな形状の製品を少量ずつ多種類にわたって注文しなければならない場合、金型やダイカストでは費用が高額になることも避けられません。寸法にそれほどシビアな精度を求めるのでなければ、砂型の鋳造法を選ぶことが大幅なコスト削減につながります。砂型にもいくつかの種類があって、比較的小型のアルミ鋳物に向いた方式は生砂型や乾燥砂型です。水ガラスを利用した炭酸ガス型や樹脂を混合した自硬性砂型は大型の製品を作るのに適しており、この他にもシェル砂型やコールドボックス型などがあります。砂型とは逆に大量生産に向いた鋳造方式が、寸法精度と生産性に優れたダイカスト方式です。通常の金型鋳造法と比べて製造工程が短く、薄さ1ミリの精密部品に使うアルミ鋳物も製造できます。ダイカストは鋳物界の産業革命とも言われるほど近年の採用例が急増しており、最も短時間でアルミ鋳物を大量生産できる鋳造方法として日本の製造業を支えているのです。