大量生産でも安心の価格|プラスチック成形を依頼しよう!

注目されている保冷剤

クーラーパック

保冷剤の活用方法は様々です。高吸水性樹脂と水分でできている保冷剤は、医療業界でも利用されています。一般的な保冷剤よりも保冷時間が長く、医薬品や検体の配送に重宝されています。適した温度を長時間キープできるので、幅広い業界での利用が期待されています。

活用用途が広がる原料

シリコン

近年は技術の発達に伴い、原料も技術による活用が可能な種類に進化しています。シリコーンゴムもその1種で、従来では温度に対する耐久性に難があったモノが改善される様になっています。その結果、元々の弾力性も含めて近年注目される技術との相性が良くなってきており、更なる需要と活用の広がりが期待されます。

樹脂を加工する方法

作業員

日常生活に欠かせない材質にプラスチックがありますが、その加工方法はあまり知られていません。シンプルに言えば樹脂を溶かして金型に流し込んでから冷やして成形すれば完成です。このためプラスチックの成形は、金型さえ完成すれば後は簡単で大量生産に適しています。但しこの金型の製作にコストがかかるため、プラスチック成形に採算が取れる製品だと判断してから作ると良いでしょう。プラスチック成形の装置は大別すると2つの構成から成り立っています。一つはプラスチックを溶かして成形ラインへ流し込む射出装置と、溶けたプラスチックを固めて製品として取り出す型締め装置です。外観は連続した一つの装置に見え、製品に応じて原料を変えたり加熱冷却温度の調節が可能です。

プラスチック成形の仕方はシンプルですが、それだけに長年の経験と独自の技術が必要です。しかし大手の会社では作れないノウハウを編み出せば中小企業でも充分やっていけます。成形機は汎用品がいくつも販売されていますので、一定の水準のものであれば良い製品が誰でも作れます。プラスチック成形におけるポイントは金型の製作と元の原料につきます。金型に流し込まれるプラスチックの圧力は非常に高圧なため、それに耐えることのできる設計が求められます。高圧に耐えることができ、誰もがマネできない複雑な形状の金型をいかに作るかがポイントです。原料選びも大切です。複雑な成形が完成しても材質が脆くて、すぐ壊れてしまっては商品になりません。原料選びも試行錯誤が大切です。

アルミニウム鋳造の技術

アルミ

自動車などの機械部品やさまざまな用途の金具に使われるアルミニウムは、軽量で加工がしやすい点が大きな特徴です。アルミ鋳物の鋳造法には砂型・金型・ダイカストといった種類があって、砂型は少量ずつ多種類の鋳造に適しています。金型は砂型よりも精度が高く、ダイキャストは短時間での大量生産に最適な鋳造法です。